薄毛が気になりだしたら髪型で目立たなくしよう!条件別おすすめヘアスタイル
メニュー

髪の薄い方は断然短めヘアーがかっこいい

髪が薄くなってきたらショートが断然おすすめ

 

「ハゲてもかっこいい」と言われるような人もいるのですが、「ハゲてもかっこいい」と言われるような人というのは「ハゲていなければもっとかっこいい」のではないかと思います。個人的な意見ですがハゲも個性ですし、必ずしも悪いことばかりではないだろうと思うのですが、ハゲを個性であると受け入れてそこにメリットを見出すためにはかなりの時間と勇気が必要になるでしょう。

 

ですからいざ自分がそのような立場になった場合には、目立たないように、バレないようにと、対策の重点をいかにしてハゲであることを目立たなくするかということに置いてしまいがちになります。しかしこれはハゲに対する正しい付き合い方とはいえません。

 

髪が薄い人は好印象の髪型を選ぶようにしましょう。髪が長い場合には自然に見えるものを選びたいのですが、髪がベトベトしてぺしゃんこだったり、明らかに不自然なサイドに偏った不自然なわけ目だったりというのは、あまり印象の良いものではありません。

 

美容師やスタイリストなどヘアスタイルに関するプロに言わせると、髪が薄い人の場合には髪の長さは短めにしたほうが印象が良いという意見が多いです。髪が薄いことを隠そうとしたり何かでカバーしようとしたりすると、かえって不自然になって逆に目立ってしまう場合が多いようです。無理に隠そうとしない髪型のほうが周りからの印象は良いようですから、自分の思い込みだけで髪型を決めず、自分を客観的に見て髪型を決めることが重要なようです。

 

他にもサイドの部分の髪の毛を短く刈り込むことで薄い部分を目立たなくしたり、あるいは髪を肌の色に近い色に染めることで薄い部分を目立たなくしたりと言う方法もあります。ただし髪を肌の色に近い色に染める方法については、頻繁に行った場合には髪や頭皮にダメージを与える場合もありますから、頻繁な髪の染色を長期的に行うことはあまりおすすめしません。

 

また究極の対策としては髪型をスキンヘッドにするということも考えられます。頭全体から髪の毛をなくしてしまえばハゲは目立たなくなります。現在はスキンヘッドで雑誌やテレビなどに登場する有名人も増えましたし、昔に比べるとスキンヘッドが極端に目立つということもないでしょう。ただしそうはいってもやはりスキンヘッドには挑発的なイメージが付き物ですし、一般的な職業の場合スキンヘッドにすると仕事に差し支える場合も多いですから、実行する前にはよく考えるようにしましょう。

 

髪の薄い人が自分らしい髪型を考えるときには、実際に髪が薄い友人に相談してみたり、あるいはいつも利用している理容室や理髪店で相談してみたりするのが良いでしょう。インターネットや雑誌を参考にするのも良いと思います。

 

髪が薄くなってくると本人はショックを感じたり、人生を左右するほどの問題だと悩んだりする場合が多いのですが、周りの人たちから取るに足らない問題だったりします。髪が薄くなると最初は周りの視線が気になったり悩んだりすることも多く、勇気も必要かもしれませんが、思い切って髪を短くすると逆に髪の悩みが少なくなるかもしれません。さらにその上で育毛の対策も行っていくというのが良いのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

薄毛が気になりだしたら髪型で目立たなくしよう!条件別おすすめヘアスタイル記事一覧

つむじから来るハゲもやっぱり短髪が似合う!髪の量が少ない人は丸刈りやスキンヘッドも検討してみる価値あり?ハゲは大きく分けると3種類。前髪・生え際から来る、いわゆる「M字ハゲ」と頭頂部・つむじから来るいわゆる「つむじハゲ(O型ハゲ)」、そしてM字ハゲとつむじハゲ(O型ハゲ)が同時に進行するタイプの3つですね。生え際から来るタイプのハゲは割と色々な髪型が楽しめるのですが(前髪が無いヘアスタイルならある...

U字型ハゲは隠すと不自然になって逆に目立つ場合も生え際が後退してくるU字型ハゲであると感じている方たちの中には、どのような髪型にすればよいのかと悩んでいる人が多いようです。生え際の後退が気になっている方の場合は生え際を隠すことで、人と話したりするときの相手の目線が生え際にいくことを防ごうと考えることが多く、生え際を隠す髪形を選ぶ傾向が多いです。隠すことについては根本的な解決手段にはならないのですが...

M字ハゲだと前髪のボリュームが少なかったり、おでこが広いためにヘアスタイルを自由に楽しめない!なかなか似合う髪型が見つからない!という方もたくさんいらっしゃいます。ですが数あるハゲの中でもM字ハゲは比較的似合う髪型が多いのも事実!ということで今回はM字ハゲの人に似合う髪型について紹介していきます。M字ハゲの人に似合う髪型は?理由は?上記したようにM字ハゲの人に似合う髪型はたくさんあります。その理由...

薄毛の人にとって悩ましいのが「どんな髪型にするべきか」ですよね。個人的にはやっぱり坊主が一番無難かつオシャレ。といっても高校球児のようないわゆる『丸刈り』ではなく、オシャレな坊主を目指していきたいところです。そこで今回は薄毛の人向け、坊主のススメを紹介していきます。坊主にするメリット・デメリットまずは坊主にすることで得られるメリットとデメリットから紹介していきます。坊主にするメリット薄毛が目立たな...

薄毛にも似合う髪型は間違いなく存在しています。ハゲの人は隠す方向に意識を向けがちですが、薄毛を強調しない、自然でカッコイイ髪型を選ぶだけでほとんどの問題が解決されるわけですから、これを選ばない理由はありませんよね。ポイントはたったの3つ1.不自然に隠そうとしない(バーコード型など)2.短髪のヘアスタイルを選ぶ3.縦長シルエットを意識するこれを守る髪型を選ぶだけでハゲの人にもよく似合うヘアスタイルが...

ある程度広範囲にわたってハゲが進行してくると「さて、どんな髪型にすれば良いんだろう?」と悩むところですよね。多くの人は髪を伸ばし、その髪の毛を使ってハゲた部分を隠そうとします。しかし場合によっては、いわゆる「バーコード頭」など周りの人から変な髪型だと思われてしまう可能性も。そこで今回はある程度ハゲが進行した人におすすめしたい髪型を紹介していきます。思い切って短髪に!スッキリ短くする方が断然良い!結...

あまり多くはありませんが、後頭部から薄毛が進んだり、ハゲている人もいます。そうなるとなんとなくロン毛にして隠したくなる気持ちも分かるのですが…第三者から見ると案外分かるもの。別にバレたからといって何かあるわけではないのですが「変だな」と思われるよりは「後頭部ハゲだけどカッコ良いな」と思われた方が絶対に嬉しいですよね。ということで今回は後頭部ハゲの人に似合う髪型をテーマに紹介していきます。後頭部ハゲ...

髪の毛が細い、柔らかいことを「猫っ毛」と言ったりします。女性に多い印象ですが、最近は男性にも増えてきているのだとか。そんな猫っ毛は髪の毛にコシが無いので思い通りにヘアスタイルができなかったり、すぐにヘタってしまったり…人によってはボリューム不足で良い髪型と出会えないことも。そこで今回は猫っ毛の人必見の似合う髪型について紹介していきます。猫っ毛に似合う髪型とその理由:男性編猫っ毛の人はコシの弱さ、そ...

髪質が硬いとヘアスタイルの幅が狭まる。そう考えている人はたくさんいます。確かに柔らかい髪質と比べるとパーマが落ちやすかったり、寝かせ系の髪型が難しかったり…といった部分は少なからずあります。ですが硬い髪質だからこそ取り入れやすいヘアスタイルがあるのもまた事実。ということで今回は髪質が硬い人必見のおすすめ髪型を紹介していきます。髪質が硬い男性に似合う髪型は?ショートカット髪質の硬さを最大限に活かすに...

最近薄毛が気になるし、以前のように髪型がしっくりとこなくなってきた。そんな風に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。『薄毛』と聞くと男性の悩みのイメージが強いですが、女性だって薄毛に悩まされます。特に近年になって30代〜40代の女性にも薄毛の悩みを抱える方が増えてきていることがわかっています。働く女性の増加、ストレス、食生活の乱れ…頭皮や髪の毛の健康にとって歓迎しかねる状況が増えているこ...

薄毛やハゲが気になって受けた自毛植毛。自分の髪の毛を移植させることで部分的な薄毛をカバーできる施術法ですが、自毛植直後は全ての髪の毛が生え揃うまで多少の時間がかかってしまいます。そのため周りの人たちにバレてしまったり、髪形がイマイチしっくり来なかったり…といったことも。そこで今回は自毛植後にオススメの髪型を紹介していきます。ある程度植毛が馴染むまでは上手に隠すことができる髪形やヘアスタイルを選ぶの...

就活では色々な要素を見た上で採用か不採用かを判断していきます。その中で大事なポイントのひとつに見た目が挙げられます。例えば同じ能力を持ち合わせている人同士で、見た目が良い人とそうでない人ならどちらを選ぶでしょうか。おそらくほとんどの人が見た目の良い人を選ぶはずです。といっても見た目はある程度先天的なもの。そのため「自分は見た目が悪いから」と諦めている人もいるかもしれません。しかし見た目が悪くても相...

男性にとって必須アイテムであるワックス。自分が想い描くヘアスタイルを実現するためにはワークスの力を借りるのが一般的です。しかしワックスは頭皮にとって負担になってしまいがち。その結果、薄毛や抜け毛に悩まされるケースに発展してしまうことも。そこで今回は薄毛の人にこそ実践して欲しいワックスの正しい使い方について紹介していきたいと思います。正しい使用方法や注意点に気をつけながら有効活用していきましょう。薄...

薄毛やハゲの人は極力周囲の人たちにバレないように生活するのが定着しています。そのため髪の毛を切りに行くために美容院や床屋に出かけることが憂鬱に感じられる方も少なくないのでは。とはいえ自分でカットしてもなかなかおしゃれに決めることはできませんし、難しい部分もあります。美容院や床屋さんで「この人の薄毛すごいな」「ハゲなんだ」と思われるのが嫌でついついダラダラと髪の毛を伸ばしてしまいがちなのもよくある話...