育毛剤の基本について知ろう
メニュー

育毛剤の主な効果と使い方、気を付けたいことは?

育毛剤の効果を最大限に発揮させるためには
「自分に合った育毛剤を選ぶ」
「正しい使い方をマスターする」

の2点を守らなくてはなりません。

 

第一の「自分に合った育毛剤選び」については、それぞれの育毛剤の成分や効果を把握しておくことが重要となります。まずは、こちらから紹介していきます。

 

■育毛剤の効果

 

 

育毛剤の効果を大まかに分類すると次のようになります。

 

効果 内容
血流促進 頭皮の血流を良くして髪の毛に栄養を与え育毛を促進する
ホルモン作用 抜け毛の原因のひとつである男性ホルモンを抑制するなど
頭皮環境の改善 皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりを改善し育毛効果を促進

 

それぞれを細かくチェックしてみましょう。

 

頭皮の血行促進効果

髪の毛の成長に必要な栄養素、酸素などを運んでいるのは血液です。何らかの影響によって頭皮の血行状態が悪くなると、その分だけ髪の毛の成長が阻害されることになり、それが原因で抜け毛や薄毛が起こってしまうことがあります。

 

これを改善するためには、頭皮の血行促進効果のある育毛剤を利用するのが有効です。血行促進効果のある育毛剤には同時に髪の成長を促す栄養が含まれているものが多い傾向にあります。

 

ホルモンへの働きかけ

男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンによるAGA(男性型脱毛症)だとされています。つまり、育毛剤に男性ホルモンの働きを阻害する成分が含まれていれば、これを改善し育毛効果を高められる、というわけです。ちなみに、塗布するタイプの育毛剤だけでなく、ミノキシジルやフィナステリドといった「飲む育毛剤」もあります。

 

頭皮の環境改善

薄毛や抜け毛に悩む人に共通していることのひとつに「頭皮の環境が悪い」という点が挙げられます。

 

例えば、皮脂が過剰に分泌されてそれが原因で毛穴が詰まってしまったり、逆に頭皮が乾燥しすぎて薄毛や抜け毛が起こっている場合もあります。皮脂の分泌を抑えたり、乾燥を改善させることで育毛効果が高められるというわけです。

 

育毛剤はこれらの効果を与えることを目的としていることがほとんどです。まずは自分の頭皮の状態をチェックし、どの効果がある育毛剤を選ぶべきなのかを考えてみましょう。

 

育毛剤の使い方

それでは、次に正しい育毛剤の使い方についてチェックしていきましょう。

頭皮を清潔な状態に

まず最初に絶対に守って欲しいのが「頭皮を清潔な状態にすること」です。育毛剤の有効成分は毛穴の中から浸透して毛乳頭(髪の毛の根っこ)に働きかけるタイプのものがほとんどです。ですので、理想的なのはお風呂から上がってすぐに育毛剤を利用すること。毛穴が綺麗になっているだけでなく、体が温まりことで毛穴が開いているので、有効成分がより浸透しやすい状態となります。

 

用法・用量を守って

育毛剤はそれぞれの商品ごとに用法・用量が定められていると思います。これを絶対に守るようにしましょう。用法・用量が少ないと効果が実感しづらくなってしまうかもしれません。逆に多すぎると特に効果は変わらないのにどんどん育毛剤ばかりが減ってしまうことが考えられます。また、人によっては頭皮に炎症が起こってしまうなどトラブルの原因にもなりかねません。

 

頭皮マッサージもセットで

育毛剤を利用する際には同時に頭皮マッサージも行っていきましょう。硬くなった頭皮を柔らかくほぐすイメージで。頭皮に傷をつけることがないように指の腹を使って優しく。

 

 

育毛剤は男性にも女性にもおすすめのヘアケア方法

 

育毛剤とは、その名の通り「髪を育てる」働きをするヘアケアグッズの1つです。

 

メーカーや商品ごとに配合成分は異なりますが、頭皮環境を整えて健やかで美しい髪が育つようにサポートしてくれます。

 

男性は20代後半から徐々に男性ホルモンの影響を受けて抜け毛や薄毛が気になるようになり、女性はホルモンバランスが崩れてくる30代後半から髪にツヤやボリュームがなくなってくると言われています。それ以外にも、ストレス、栄養の偏り、睡眠不足、間違ったヘアケアなどで頭皮と髪には負担がかかっており、気づいた時には薄毛になっていたというケースも珍しくありません。

 

育毛剤というと薄毛や抜け毛が目立ち始めてから使うようなイメージがありますが、実際は予防のためにも早めに使い始めた方が良いという意見もあります。

 

育毛剤是非使って欲しい人まとめ

抜け毛や薄毛の予防、改善をしたい

育毛剤を使うことによって、今以上に抜け毛が増えるのを防止し、薄毛にストップをかけてくれます。発毛促進効果のある育毛剤は、使い続けることで少しずつ髪を増やすこともできます。

育毛剤でやせ細った髪を太く濃くしたい

加齢とともに細くやせ細った髪に栄養をたっぷり与えて、黒々と太く濃いボリュームのある髪を育ててくれるのが育毛剤です。抜け毛や薄毛ばかりではなく、「髪に元気がなくなった」と感じた時は育毛剤で頭皮と髪をケアしてあげましょう。

頭皮のトラブルを防ぎたい

育毛剤は加齢で滞っていた新陳代謝を促して、頭皮に蓄積している古い角質の排出を促します。頭皮の乾燥や皮脂過剰を解消し、気になるベタつき、ゴワつき、臭いを改善できます。

遺伝や男性型脱毛症(AGA)の予防をしたい

遺伝や男性型脱毛症、女性なら産後脱毛症などの避けられない薄毛も、育毛剤を使うことで予防できます。薄毛が気にならない時からでも、薄毛や抜け毛の予防のために使っておくと、将来の髪と頭皮のケアにつながります。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

髪が薄くなった、ボリュームが出なくなったと感じた時にまず思い浮かぶのが育毛剤です。一昔前までは『育毛剤は男性のもの』というイメージもありましたが、最近では女性向けの育毛剤もどんどん開発されるようになりました。ドラッグストアへ行っても育毛剤はたくさん並んでいますし、ネット通販を利用しようと思えばさらにたくさんの育毛剤が見つかります。カツラや育毛サロンなど薄毛対策の方法は多々ありますが、その中でも最も...

育毛剤を選ぶときには、頭皮の状態にあったものであることを確認しましょう。というのも、それぞれの育毛剤で使用されている成分は特定の原因に働きかけるように配合されていることが多いからです。「一番売れている育毛剤」だからといって、必ずしも全員の薄毛や抜け毛に適切なアプローチをしてくれるとは限らないわけです。そこでここでは頭皮の状態に合わせた育毛剤のタイプを紹介していきます。塗る育毛剤私たちがイメージする...

薄毛や抜け毛、ボリュームがなくなってしまった髪に悩む方がまず手にするのが育毛剤だと思います。手ごろな価格で売られていて誰にも知られずに薄毛や抜け毛のケアができる便利なアイテムですが、どんなものにも副作用があるということを忘れてはいけません。育毛剤で考えられる副作用と、育毛剤の副作用で気を付けるポイントをまとめました。育毛剤の副作用についてミノキシジル配合育毛剤は要注意日本だとリアップ、海外製品だと...

育毛剤は医療機関でも処方されています。有効成分フィナステリドを配合している「プロペシア」や「ミノキシジル」といった医薬品が日本でも処方されているんです。もちろん、薬品ですので一定の効果が期待できるのですが、残念ながら現状として病院での育毛は「自己負担」となっています。保険がきかないので費用が高くつきやすいわけです。病院を使って薄毛治療を行う場合、毎回診察と薬の処方がセットになります。経過観察といえ...

手元にある育毛剤をよく見てみると「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のいずれかの表記があると思います。これは「薬事法」に基づいた分類となります。ではどの分類の育毛剤を選ぶのが良いのか、そしてそれぞれでどのような違いがあるのかを確認してみたいと思います。それぞれのタイプを大まかにまとめると以下の表の通り。分類効果メリットデメリット医薬品非常に高い保証される効果を持つ入手手段が少ない、値段が高い、副作用...

薄毛や抜け毛に悩んでいるのは男性のイメージが強いですが、女性もまたこれらの悩みを抱えている方が大勢います。一昔前までは男性向けの育毛剤はたくさん販売されていたものの、女性向けの育毛剤はほとんど見かけることはありませんでした。しかし、ここ数年で一気に女性向け育毛剤が販売されるようになったように感じられます。ここで気になるのが、女性用育毛剤と男性用育毛剤にはどのような違いがあるのか、そして、女性は男性...

育毛剤というと男性が使う物というイメージがありますが、最近は女性用育毛剤もだんだん増えてきています。女性は女性ホルモンの働きによって艶やかでしなやかな髪を保てるのですが、妊娠や出産、ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れると女性でも薄毛や抜け毛に悩むようになります。女性にとって髪は命と言われるほど大切なものです。薄毛や抜け毛が気になった時は、できるだけ早く育毛剤で適切なケアを始めましょう。ここ...

抜け毛があると老けて見られますし、何より自分自身が気になるものです。そこで、ここでは現在有力視されている男性の抜け毛の原因についてまとめてみました。男性ホルモンによる抜け毛男性の抜け毛の中で最も多いとされるのが「男性ホルモンによる抜け毛(男性型脱毛症:AGA)」です。これは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因。後述しますが、DHTは局所的に集中し毛母細胞という髪の毛の成長...

良かれと思って試してみたことが、実は逆効果だった。人生ではそんなことはありがちです。髪の毛の悩みを抱えている人も同じことです。髪の毛に良かれと思ってやってみたのに、実は髪の毛にとって良い行動ではなく、抜け毛を促進させるだけだった・・・そんな悪い例には、次のようなものがあります。あなたに当てはまっていますか?頭皮に力を込めて接していませんか?シャンプーでは、できるだけ頭皮の汚れを落とそうと思うので、...

薄毛や抜け毛対策として育毛剤の利用は欠かせません。しかし、いざ抜け毛が起こってから使い始めてもなかなか効果が実感出来ないものです。そのため、できるだけ早い時期から使い始めた方が良いとは言われているものの、具体的にいつからが良いのか、については不透明な部分も多いです。そこでここでは、育毛剤を使い始める時期について考えてみたいと思います。気になり始めてからでは遅い?多くの方が育毛剤を使い始めた時期は「...

プロペシアやミノキシジル、そして、各メーカーから販売されている育毛剤を利用して、無事に育毛を実感出来たとします。そこで気になるのが「育毛剤の使用をやめるとどうなるのか」ということです。また髪の毛が抜けてしまうのではないか、髪が薄くなるのではないか、など不安の声をよく耳にします。ここでは育毛剤の使用をやめたときについて考えてみたいと思います。育毛剤は対症療法まず大前提として「育毛剤は対症療法」に分類...

多くの育毛剤は、朝晩の1日2回つけることが推奨されています。そのため、朝、起きて顔を洗うついでや通勤前に身支度をするついでにつけるという人が多いでしょう。人によっては朝の身支度で整髪料を使ってヘアセットをしているでしょう。そうした場合、育毛剤と整髪料のどちらを先にするのがベストなのでしょうか?整髪料の前に育毛剤をつけること!基本的に育毛剤をつけるのは整髪料をつける前です。育毛剤は頭皮がきれいな状態...

育毛を目指すためには髪の毛の生える仕組みと成長のサイクルについて理解しておく必要があります。これらを知らずに育毛に取り組んでも良いのですが、より育毛効果を実感する、育毛をし始めるタイミングを見計らう上で必要な知識ですので一緒に勉強していきましょう。髪の毛は毛母細胞が成長させる髪の毛は頭皮から出ている部分のイメージがありますが、育毛において本当に重要なのは根本、いわゆる毛根部分になります。毛根には「...

育毛成分の効能を大きく分類すると10個の効能になります。具体的には、男性ホルモン抑制の効能、血管拡張の効能、栄養補給の効能、抗脂漏の効能、保湿の効能、消炎の効能、頭皮代謝活性化の効能、抗菌の効能、角質溶解の効能、抗酸化の効能の10個の効能です。育毛剤や育毛シャンプーではこの10個の効能のうちのいずれかの効能がある成分を配合しているということになります。ですからその育毛剤や育毛シャンプーがこの10の...