育毛トニックは使っても意味が無い? 育毛剤との違いは?
メニュー

薄毛が気になる、トニック、育毛剤‥どれを買う?

育毛トニックは使っても意味が無い? 育毛剤との違いは?

 

薄毛が気になり出したので、アイテムを購入しようと思うが、いきなりAGA対策の発毛剤を買うか、とりあえず安いトニックを試してみるのか、悩ましいところ。そもそも育毛剤と育毛トニックは何が違うのでしょうか?

 

育毛トニックは、育毛ケア剤ではない?

育毛トニックと呼ばれていますが、正式にはヘアトニックという名前です。何かと言いますと「頭皮用化粧水」のことなのです。本来は「育毛」を意識したものではなく、べた付きやすい頭皮をすっきりさせる、また保湿効果を持たせる、かゆみを抑える、など、ヘアケアに対しての頭皮ケアという商品なのです。

 

顔用のスキンケアの場合は、肌それ自体を見せるもの、美白であったり、シミ、毛穴隠しであったりと、肌自体の悩みがさまざまにあります。しかし頭皮の場合、美白‥は、殆ど関係ないですよね。脂っこい、かゆみなど体感によるものが大きく、それらは毛根に影響を与える症状ばかり。頭皮のスキンケア=育毛ケアにつながります。男性の薄毛は昔から悩みのタネ。この両方が重なり、男性用頭皮化粧水は、育毛トニックと呼ばれているものと思われます。

 

育毛トニックと育毛剤の違いは何?

育毛トニックは、頭皮ケア化粧水、つまり薄毛ケア目的ではありません。大半は皮脂やフケを抑えて頭皮を清浄に保つ、血行を良くする、という2点の効果が謳われています。単純に頭皮ケア用品、その先に「薄毛も防止できる可能性もあるよ」という商品です。頭皮がべたついたりや乾燥したりすることで、地肌が傷み、毛が抜けやすいという場合は、ちょうどいい商品でもあります。

 

これに対し育毛剤の場合は、抜け毛を予防する、育毛の力を付ける、と「薄毛対策」に言及しており、「発毛しやすい、抜けにくい」を意識した成分が入っています。ただし配合できる成分が「医薬品」と「医薬部外品」で大きく異なるのが育毛剤です。

 

「医薬品」と「医薬部外品」の違いとは?

育毛剤は「医薬品」か「医薬部外品」であるかの、どちらかで大きく性質が異なります。医薬品とは文字通り「薬」、厚労省が認可した薬剤です。AGAの仕組み、男性ホルモンが変化してDHTになり、頭部の受容体がキャッチしてしまうため、薄毛になる、という流れを「食い止める効果がある」という成分を使用している場合は、医薬品。「治療」のための商品です。

 

これに対して、厚労省が「予防に有効ではある」と認めた成分が入っているものが、医薬部外品です。「治療は出来ないが、予防効果は厚労省が認めました」という成分が入っているもの、ということです。化粧品と医薬品の中間のようなものですね。「薬用」と書かれているものは、大抵「医薬部外品」。育毛剤の多くは、医薬部外品ですが、育毛トニックや、一般化粧水にも「医薬部外品」は多く存在するのです。

 

すると、分類上はトニックも育毛剤も同じ、ということになってしまいますね。これでは効果は同じように感じてしまいますが、実際のところ医薬部外品に分類される、育毛トニックと育毛剤の線引きはそれほど厳密ではありません。ただし「トニック」と名前を付ける場合は、買う側に「デイリーケア」を意識されやすいですから、毛生えより「地肌ケア」に力点が置かれていると考えられます。

 

「医薬品」を買わないと意味が無い? 

育毛剤の中でも、AGAに1番有効なのは、「治療可能」な医薬品の育毛剤です。ただし「薬」の場合、作用がある分、副作用が出てきます。そのため「薬」に認定され、薬剤師の元で売られるのです。AGAの場合、男性ホルモンが作用するため、M字など、明らかにAGAの症状がある場合は、医薬品の育毛剤を買う方が効果は出やすいと言えますが、当然副作用も出やすい。また「薬」として売られている商品があるのに、植毛という方法があるということは、万人に効くわけでもない、ということですね。ハイリターン、ハイリスクだが必ずリターンがあるとも限らない。

 

AGAの治療薬と言われるものでも効果が出ない、ということは、AGAは発症の仕組みが単純ではないということ。男性ホルモンだけではなく「頭皮のケア」も大きく関わっています。そのため皮脂分泌が多い頭皮に、それを抑えるトニックを付けただけで、かなり薄毛が改善される、また血行促進の育毛剤をコンスタントに付けるだけで、現状維持できる可能性は大きいのです。

 

いずれにしても、育毛アイテムは、3か月程度は使わないと効果がないと言われています。頭皮環境が悪い場合は、AGAに効果のある医薬品も効果が出にくいことを考えると、まず薄毛が気になり出した段階では、医薬部外品のトニックや育毛剤を一定期間使用してみる、その後、次の商品を考えると良いでしょう。

 

「育毛剤」と「育毛トニック」どちらを買う方が良い?

トニックよりは、育毛剤の方が「育毛効果」を狙って作られている分、効果は期待できます。ただし最近のトニックは多くが育毛トニック、選ぶ目安としては「価格」があります。トニックでも、育毛専門メーカーが出しているものは、育毛剤より高いこともあります。そして安いものは、有効成分が少なめ、高いものは多め、と推測されるので、ある程度値が張る商品の方が効果は期待できる。とはいえ、頭皮の状態によっては、安い抗菌成分だけで、充分に育毛効果が出る可能性もあります。まず今の自分の頭皮の状態を見極めること。

 

ある程度薄毛が進んでしまった場合は、毛根に作用する成分のあるもの、2000円程度は出すつもりで、ちょっと気になり出した程度なら、安いトニックで頭皮ケアをすると良いでしょう。ただしどんな商品でも相性があります。かゆみが出る、頭皮環境が悪化するなど、おかしいと思ったらすぐに使用をやめてください。

 

「育毛トニック」の正しい使い方

医薬品であれ、トニックであれ、正しい使い方をしないと効果は出ません。まず「頭皮ケア用品」の正しい使い方を、しっかり覚えておきましょう。

 

シャンプーを適切に

 

  1. 刺激の強いラウリル硫酸配合などのシャンプーをやめる
  2. 長い時間、ガシガシと頭皮を洗わない
  3. ぬるめのお湯でしっかりすすぐ

 

意外にこの3つが守られておらず、頭皮に刺激を与えてしまい、頭皮環境が悪くなっていることがあります。そこにトニックを使いってしまうとアルコールなどでかぶれ、ヘアトニックが効かないケースが、多く見られます。

 

食生活を見直す
また脂肪を少なく、野菜、果物やきのこ、肉、魚、貝、大豆製品、卵をしっかり取る、内側から皮膚を作ることも大事、特にビタミンB類、Cは皮膚を作るのに大事、これらが足りていないと、外からケアしても補いきれません。

 

頭皮をしっかり乾かして使う
トニックは液だれしやすいものが多く、濡れた頭皮では充分に効果が出ない可能性もあります。洗髪後の綺麗で乾いた頭皮は、非常に乾燥しやすい状態であり、ここでトニックを使えば、1番保湿効果が高くなります。八分程度髪が乾いたら、頭皮をマッサージしながらドライヤーをかけると、トニックの保湿効果でドライヤーの熱から地肌を守ってくれます。

 

使用回数を守る
育毛はかなり気長な作業であり、コンスタントな地肌ケアが大事です。育毛剤もトニックも1日2回という使用方法が多いもの、朝はスタイリングの前に付けてマッサージ、その後にスタイリング剤を使用、地肌に付けないように。

 

シャンプーの方法や生活スタイルを改善するだけで、意外に薄毛は止まったりします。それだけAGAというのは遺伝の他に、環境が左右するところが大きいということです。育毛剤やトニックに過剰に頼る前に、まず自分の生活を見直して、必要なものを足してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 



育毛グッズ別ランキング

育毛剤男性用ランキング 育毛剤女性用ランキング

育毛サプリランキング 育毛シャンプーランキング