先手必勝!ハゲ予防
メニュー

ハゲる前に!出来ることから始めよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

睡眠時間が髪の毛に影響を与えることをご存じでしょうか。端的に言うと、寝不足は薄毛・ハゲのもとです。どういうことかと言うと、睡眠時間が足りないと成長ホルモンの分泌が悪くなります。すると毛髪の育成にも悪影響があるというわけです。現代の日本人の多くは慢性的な睡眠不足に陥っています。今こそ、薄毛予防の観点からも睡眠の改善をおすすめします。ここでは、良質な睡眠により毛髪を育てるにはどうしたらいいのか、そのポ...

育毛のためには睡眠が大切なのはご存じの方も多いでしょう。良質な睡眠によって成長ホルモンの分泌がさかんになり、代謝がアップして毛の元になる毛母細胞も活性化するのです。そして代謝がアップするということは、食べ物から摂った栄養が効率良く使われすみずみまで届くということでもあります。つまり育毛には睡眠だけでなく栄養の摂取も重要なのです。ですが、忙しい現代人の栄養バランスは乱れがちです。外食でバランスが偏っ...

身体に必要な栄養素にはさまざまなものがありますが、薄毛予防の観点から注目すべきミネラルが亜鉛です。亜鉛は体内で多様な役割をはたしていますが、食事から摂ったタンパク質が毛髪に使われる際にも重要なものです。そのため亜鉛が不足すると毛が抜けたり、やせ細ったり、白髪になったりします。つまり髪の毛のためにも亜鉛をしっかりと摂る必要があります。普段の食生活が亜鉛不足であった場合、亜鉛を摂るようにすると効果を感...

タバコの害はさんざん言われているのでよくご存じでしょう。タバコを切らすとイライラやストレスがひどかったりなどのニコチン依存症の他にも、身体にさまざまな良くない作用があります。すぐに実感できる範囲では疲れやすかったり、息切れしやすかったりなどですが、その他にもじわじわと体に悪影響があります。頭皮や肌にも良くないので、薄毛・ハゲ予防の観点からもタバコは害があります。ここでは、喫煙が髪の毛に及ぼす影響に...

髪の毛と食べ物は意外と関連があります。味の濃いもの、脂っこいものは美味しいですが、髪の毛にはあまり良くありません。たとえば脂っこいものはハゲの原因になると言われていますが、これは実際にかなり当てはまります。脂っこいものは血液の流れを悪くするので、頭皮の血行が悪くなり毛髪に栄養が行き渡りにくくなります。また皮脂が過剰分泌され頭皮環境が悪化してしまいます。ここでは薄毛・ハゲの改善のために避けたい食べ物...

薄毛を気にして育毛ケアをがんばってもがんばっても薄毛が進行してしまうというケースがあります。こうした場合、ストレスが毛髪に良くない影響を与えている可能性があります。薄毛の気にしすぎもまた薄毛の原因となってしまうのです。薄毛のストレスで毛が抜ける悪循環薄毛を気にし出すと、普段の生活の中でもさまざまなことがストレスとなります。たとえば、昔は毛が何本か抜け落ちていても全然気にしていなかったのが、今では朝...

薄毛が進行してから頭皮が日焼けするようになってしまい、これはさらに薄毛になる原因なのでは?と心配している人も少なくありません。薄毛が進行すると頭皮の日焼けを実感することが多くなるために、心配になってくるものです。夏の日差しの強い日に出かけると、髪が多かったときには感じなかった頭皮のヒリヒリ感を感じ、日焼けによるダメージが気になりだします。日焼けは軽いヤケドと同じ日焼けはただ黒くなるだけではなく、軽...

同じような年齢でも、ハゲる人とハゲない人がいます。これは何の違いによるものなのでしょうか?ひとつには遺伝的な体質です。男性型脱毛症(AGA)になりやすい体質は遺伝することがわかっているため、薄毛の家系というのはどうしてもあります。→遺伝と薄毛の関係についてですが、親がハゲていても必ずハゲるわけではありません。逆に親はフサフサだったのに自分は薄くなってしまったという人もいます。髪の毛の状態には普段の...

男性型脱毛症(AGA)の原因が男性ホルモンである、つまり男性ホルモンが多いとハゲるという話を聞いたことがある人は多いでしょう。これは本当なのでしょうか?また本当だとしたら対策はあるのでしょうか?結論から言うと、男性ホルモンはAGAの原因と言えます。厳密に言うと、男性ホルモンから生成されるジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因のひとつです。DHTは男性ホルモンのテストステロンに5αリアクター...

髪の毛が傷んできたという場合、それが直接的に薄毛の原因となるかは気になるところでしょう。ダメージヘアは薄毛の原因になるのでしょうか。結論から言うと、髪の毛そのものがダメージを受けて傷んでいてもハゲになるわけではありません。髪の毛へのダメージは毛母細胞へフィードバックされるわけではないので、直接薄毛にはつながりません。ただし、髪の毛がダメージを受ける状況というのは同時に頭皮や毛母細胞もダメージを受け...

基礎代謝というのを聞いたことがある人も多いでしょう。じっとしていても必ず消費されるエネルギーのことです。これが低いのは身体の活動が低いということ、具体的には平熱が低く血行が悪い、筋力が足りないなどの状況です。薄毛に悩んでいる人の中には平熱が低い人が少なくありません。これはつまり、基礎代謝が低いのは薄毛にもつながると言えるのです。基礎代謝が低いと血行が悪い人間は何もしていなくても体温の維持にエネルギ...

ハゲというものは1日や2日でなるわけではありません。確かに強いストレスなどで短期間に抜け毛が増える症状もありますが、それでも一晩で全て抜けるわけではありません。ましてや普通の男性型脱毛症であれば、薄毛の進行は長期間にわたるはずです。ということは、初期の段階というものが必ずあるのです。初期の段階の内に早めに薄毛対策を行えば、その後の薄毛の進行がかなり違ってきます。まだ薄毛や抜け毛があまり進んではいな...

髪の毛は男性のルックスにおいて重要な部位です。オシャレの面から見ても、女性のようにお化粧をしない男性の場合、ヘアスタイルがより重要になるわけです。見た目を重視するならやはり髪の毛は多い方が嬉しい、そう考える人は多いでしょう。いつまでも髪の毛がフサフサでいるためには、わずかでも薄毛の兆候があったら速効で育毛ケアを行うことが大切です。初期のうちに気づけるよう、薄毛のサインを見逃さないようにしましょう。...

薄毛を改善するには、初期段階の内に育毛ケアを始めることが大切です。薄毛が進んでからでは改善率はどんどん低くなるので、早めに対処することがポイントです。まずは薄毛がどのように進行するかを把握して、薄毛かな?と思ったらどの段階にあるか確認しましょう。そして各段階ごとに適切な対処を取ります。ここでは、薄毛の段階とその対処法についてご紹介します。薄毛はこのように進行する薄毛は基本的に次のようなステップで進...

剛毛や猫毛、あるいはくせ毛など、髪質や髪の太さには個人差が大きいものです。そして髪の毛が細いと薄毛になりやすいのでは?と思う人も多いかもしれません。これに関しては、もともと髪の毛が細い体質の場合はさほど影響はありません。薄毛になる確率もならない確率も、髪の毛が太い人とそれほどは変わらないでしょう。ただし、以前は髪の毛が太かったのが近頃は細くなったというケースでは注意が必要です。細い髪の毛が増えたと...

薄毛の初期段階はなかなかわかりにくいものです。薄毛対策は初期段階のうちから行うのがベストですが、はっきりとハゲと分かるころには育毛ケアも効きづらくなっています。薄毛を初期段階で発見できるかはひとつのカギになります。薄毛なのかそうでないのかを判別するのにおすすめなのが、明るいところで見てみることです。できれば屋外の陽光がおすすめですが、屋外で明るいところなら日なたでなくても大丈夫です。屋外でのチェッ...

ある日ハッと気付いたら髪の毛が薄くなっていた、そういう体験談も少なくはありません。ですが実際のところ、薄毛は一夜にしてなるものではありません。単にそこまで気づかなかったというだけのことなのです。薄毛の初期から誰が見てもハゲになったと言える状態になるまではかなり時間がかかります。早いケースでも6か月はかかり、多くの場合は数年かけて少しずつ薄くなっていくのです。育毛ケアの観点からは、できる限り早いうち...

多くの人が薄毛を意識して育毛ケアを始めるのは、抜け毛が増えた、髪のボリュームが減った、地肌が透けて見えてきたなど、はっきりとした薄毛の自覚症状があってからです。ですが、この段階になってしまうと薄毛はかなり進行していると言えます。できればこの状態になる前から育毛ケアを始められればベストです。抜け毛を実感する前に気づけるかがカギ薄毛やハゲは実際のところそれほど短期間で進行するものではありません。数ヶ月...

お風呂で髪を洗った場合、普通はタオルで拭きます。このときにタオルについた抜け毛が増えているようなら要注意です。髪の毛に特に問題が無い人の場合でも、1日に100本前後が抜けるのは普通のことです。その多くは髪を洗ったときに落ちるので、髪を拭いたタオルに抜け毛がある程度つくのも普通のことです。ただ、本数が気になるほど多いようであれば、薄毛の兆候かもしれません。その場合には早期の育毛ケアを始めるべきです。...

頭頂部にはつむじがありますが、実はこの部位からハゲる人は少なくありません。つむじがやたらにくっきりとしていてよく見るとその部分の毛が少なくなっているという状態から、いわゆるてっぺんハゲの状態まで、つむじの薄毛が進行しているケースはわりと多いのです。つむじ付近には太い血管は無くすべて毛細血管な上に、頭のてっぺんであるために血液を送り届けるのが大変です。そのため、もともとつむじのあたりは血行不良が起こ...

薄毛の初期の兆候としては、抜け毛の増加があります。とは言え抜け毛が必ずしも薄毛につながるわけでなく、ストレスによる一時的なものであったり、あるいは季節的に抜け毛が多くなる時期というのもあります。また髪の毛が健康的な状態であっても1日100本程度は抜けるものです。健康な人の髪の毛は個人差はあるもののだいたい10万本前後あると言われています。そのうち1万本くらいはヘアサイクルが休止期の状態にある毛で、...

加齢とともに老化がおこり身体機能が衰えてくるのは人類共通の悩みです。人間の身体機能のピークは20代あたりで、30代に入るとだんだんと衰えを感じることが増えていきます。髪の毛に元気が無くなるのもそのひとつで、30代も半ばを過ぎると薄毛が気になり出す人の数がどんどん増えて来ます。男性の薄毛の大半が男性型脱毛症(AGA)によるものですが、日本人男性の場合20代では約10%が発症するのに対し、30代では約...

薄毛の兆候としては、抜け毛の本数増加や毛根の形のゆがみ、髪の毛がやせ細る、頭皮が固くなるなどさまざまなものがありますが、頭皮の色にも注目してみましょう。頭皮の色チェックは自分では見づらいので、人に見てもらうか、スマホなどで撮影する方法もおすすめです。健康な頭皮は青白い色をしていますあ、赤みがかっていたり、赤茶けている場合には要注意です。赤みがかった頭皮は血行不良の可能性大顔色などのイメージから何と...

薄毛の改善のためには早期の対策がベストです。そのためにはなるべく早い内に薄毛のサインに気づけるかが重要になります。あからさまに髪が薄くなってからでは回復も難しくなります。そうなる前の早期の薄毛のサインのうち、髪の毛に表れるものとしては以下のようなものがあります。髪質が変わった寝ぐせがつかなくなった頭頂部に白髪が増えた髪が痛みがなく簡単に抜ける抜け毛の毛根の形がおかしいこれらのチェックポイントにあて...

薄毛は一気に進行するものではなく、必ず初期段階があります。そして薄毛の初期のサインもさまざまなものがあり、これらを見落とさなければ薄毛の早期発見・早期改善も可能となります。薄毛の初期サインは髪の毛自体や体のいろいろなところにさまざまな形であらわれるのですが、頭皮にあらわれる薄毛の初期サインとしては、以下の様なものがあります。頭皮が赤みがかっている頭頂部を押すと痛みがある頭皮が固くなっている頭の骨に...

蒸し暑く日差しも強烈な夏は髪が傷みやすい季節です。この季節にケアを怠ると、すでに生えている髪が傷むだけでなく、後々の抜け毛や薄毛にもつながってしまいます。まずは夏場に髪が傷む原因を把握し、それの対策をとることで薄毛を予防しましょう。7月8月の真夏だけでなく、梅雨のころから秋口にかけてケアを意識しておくのがおすすめです。夏の髪のダメージの原因は汗・皮脂・紫外線暑い季節になると髪や頭皮がダメージを受け...

30歳前後になると髪の毛のボリュームが減ってきたと感じる人が多くなります。早い人では20代のうちから、薄毛は少しずつ始まっているのです。薄毛・抜け毛の原因は遺伝や生活習慣などさまざまなものがありますが、ヘアスタイルや日頃のスタイリングによる髪の毛へのダメージというものも無視できません。似合うか似合わないか、で髪型を選ぶことも大事なのですが「ハゲやすいか」「ハゲにくいか」で髪型を判断することも重要だ...

整髪料で髪の毛をセットしている人も多いと思いますが、これは使い方によっては薄毛を進行させてしまうので注意が必要です。整髪料は頭皮のためを考えると使わないのがベストですが、そうも言ってられないこともあるでしょう。ここでは、薄毛になりにくい整髪料のつけ方についてご紹介します。整髪料はつけないのが頭皮的にはベストだが……整髪料はあくまでも髪の毛をセットするためのものであり、育毛の役には立ちません。むしろ...